お役立ち情報

(不動産登記のこと)

権利証がない!

不動産を売却したいのに、権利証がみつからない場合どうしたらよいでしょうか。

 

まず「権利証」という言葉自体正確ではなく、正しくは「登記済証」と言いますこれは以前自分が不動産を取得した時に

登記をした時のいわば証明書であり所有権の証です。よって土地を売却するときは所有者の証としてのこの登記済証を添付

しないと登記ができません。

なお、現在では登記済証も廃止され登記識別情報と呼ばれる暗証番号に代わっているのですが、今はそのことはおいておき、

ともかく登記済証が必要なのに見つからない状況だとします。

 

紛失したとして法務局に再発行を求めることはできるでしょうか?・・・・

残念ながら再発行はできません

 

結論から言えば、この場合は司法書士による本人確認をしてもらうのが最善の方法です。これは今回登記を依頼する司法書

士と面談して、免許証等を提出したり、紛失の事情説明、以前土地を取得した経緯、今回の取引の内容説明をすることで司

書士に自分が所有者であり今回の登記義務者に間違いないことを確認してもらうことを言います。司法書士は登記の際に、

本人確認結果を登記所に提出し、登記官がその内容を認めてくれれば、問題なく登記ができます。

詳しくは登記を依頼する司法書士に確認すればよいでしょう。

 

もう一つ、登記申請を受けた登記官が、登記簿に記載された登記義務者あてに、登記が申請されているが本人に間違いない

郵便で確認するという「事前確認」という方式もあるのですが、この方式では登記申請の時点ではまだ本人に間違いない

との確認得られていませんから、通常買主がこれを認めることはありません。

 

売買の決済の場で司法書士による本人確認が行われ、司法書士が登記義務者本人に間違いないから決済してもいいですよ、

という言葉がないと取引が成立しないというわけです。

 

冒頭今は登記識別情報と呼ばれる暗証番号に代わっていると言いましたが、これも同じで登記識別情報を紛失してしまうと

再発行はされず、取引をしようとすれば司法書士による本人確認を受けるしかありません。

 

詳しくお聞きになりたい方は  笹山みらい司法書士事務所へ

 

 

2021.02.26 Friday